afrieigoyaho378

NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの違いを比較!最新パナソニック衣類スチーマー2024おすすめ

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
NI-FS70A-2024 家電

パナソニックの衣類スチーマー2024年最新型NI-FS70ANI-FS60Aの違いは7つあります。

スチーム操作の違い
NI-FS70Aの方がタンク容量が大きく、軽い
NI-FS70Aの方がスチーム量が多い
NI-FS70Aの方が連続使用時間が長い
NI-FS70Aの方が立ち上がり時間が速い
NI-FS70Aの方がアイロン面の素材が上質
・デザイン/価格/ボディカラーの違い

スチーム量が多いほうが、より繊維の奥まで水分が浸透するため、シワが伸びやすく、よりキレイに仕上がりやすいです。

なので

時短と仕上がりを重視スチーム量が最大のものを手軽に使いたい
コンパクトで軽いことが最優先
・タッチ部分に触れてるだけで楽にスチームが使いたい
・スーツや制服などの消臭・除菌・花粉対策で使いたい
・ハンカチや給食袋、パンツの裾やプリーツを整えるなど、小物のプレスに使いたい

上記に当てはまる方は、NI-FS70Aの方がおすすめです。

NI-FS70Aタンク容量・スチーム量が一番大きく、かつ本体質量はシリーズ史上一番軽いモデルになります。

【容量NO,1】【最軽量】きれいにシワがのびる!最上位モデルNI-FS70A
・カームブラック(NI-FS70A-K)

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)

一方で、

コスパ重視
360度どの角度からも使えれば十分
3段階の温度調整機能がほしい
3〜4枚のシャツや制服の上下を手軽にアイロンしたい
外出前にサッと部分的なシワとりをしたい

という方は、NI-FS60Aの方がおすすめです。

価格は最上位モデル(NI-FS70A)より安いのに、ほぼスペックは同じなので、かなりお買い得モデルです。

平均して多めのスチーム量がでるもので、価格もお手頃な商品がほしい場合や、家族の小物や制服のお手入れをしたい方には、NI-FS60Aはコスパ最強のスチーマーアイロンになります。

NI-FS60Aは、アイロン時の温度調整機能があるため、綿シャツなど硬めの素材にも、カーディガンやスカーフなど柔らかい素材にも安心して使用できます。

▼【コスパ◎】すぐ使える大容量タイプNI-FS60A
・カームグレー(NI-FS60A-H)

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
・サクラ(NI-FS60A-P)
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
パナソニックの衣類スチーマー2024年最新型NI-FS60ANI-FS40Aの違いは以下の5つになります。

スチーム量・スチーム噴射角度の違い
NI-FS60Aの方がタンク容量が2倍以上あるのに本体の重さは一緒
NI-FS60Aの方が連続使用時間が長い
NI-FS60Aの方が立ち上がり時間が速い
NI-FS60Aは3段階の温度調整ができる
・価格/サイズ/ボディカラーの違い

NI-FS40Aは一番サイズが小さく、220度まで傾けて使うことができます。

一番安くてコンパクトな衣類スチーマーがほしい
・30秒で立ち上がれば十分はやい。
・連続4分使えれば十分。
1着分のスーツのシワ伸ばしと消臭ケアができれば満足

という方は、NI-FS40Aがおすすめです。

▼【軽くて使いやすい】コンパクトタイプ最安値モデルNI-FS40A
・ホワイト(NI-FS40A-W)

パナソニックの衣類スチーマーは、マスクなどの小物やスーツ・制服・コート・ジャケットのシワ伸ばし&脱臭除菌を、手軽にサッと使える点で満足度が高い商品になります。

なみねこ

スーツや礼服についたお線香の匂いもサッと消臭できて便利!

ここではパナソニックの2024年発売モデル新型NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの違いや、パナソニックの衣類スチーマーの共通の特徴、どの機種がおすすめかを詳しく紹介します。

パナソニックの衣類スチーマーNI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの発売日は2024年3月1日です。

>>ヤマダ電機で衣類スチーマーをチェックする

NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの違いを比較

 

NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの違いはこちら

スチーム操作の違い
タンク容量・サイズの違い
スチーム量・スチーム噴射角度の違い
連続使用時間の違い
立ち上がり時間の違い
アイロン時の温度調整の違い
アイロン面の素材の違い

あとはデザインカラー価格が違います。

パナソニックの衣類スチーマーの最上位モデルNI-FS70Aは、1番軽く短時間でパワフルにシワ伸ばしや消臭・除菌ができるスチーマーアイロンに進化しています。

なみねこ

NI-FS70Aは、シリーズ史上最軽量&大容量!より軽くてパワフルに進化!

スチーム操作の違い

 

最新モデルNI-FS70Aは、新開発「静電タッチ式スチーム操作」機能を搭載した衣類スチーマーになります。

スチームタッチボタンに指を触れるだけで、スチーム噴射のオン・オフの切り替えができます。触れている間にスチームが出続けるため、より感覚的に使えます。

一方で、NI-FS60A・NI-FS40Aは、電源ボタンを押し、スチームボタンをプッシュすることでスチームを使用できます。

タンク容量・サイズの違い

最新モデルNI-FS70Aは、タンク容量約130 mLの最大モデルですが、本体質量は約660 gとシリーズ史上最軽量モデルになります。

NI-FS60Aと比較して約30g軽くなっています。

サイズ寸法はほとんど変わりませんが、NI-FS40Aが一番コンパクトなモデルになります。

NI-FS70A NI-FS60A NI-FS40A
タンク容量 約130 mL 約115 mL 約50 mL
本体質量(スタンド含まず) 約660 g 約690g 約690g
外形寸法(本体 幅×高さ×長さ) 約8×13×16 cm 約8×13×16.5 cm 約7×13×15.5 cm
外形寸法(スタンド収納時 幅×高さ×長さ) 約9×15.5×17.5 cm 約9×15.5×17.5 cm 約8.5×15×17 cm

スチーム量・スチーム噴射角度の違い

 

スチーム量が多いほうが、より繊維の奥まで水分が浸透するため、シワが伸びやすく、よりキレイに仕上がりやすいです。

さらにNI-FS70A・NI-FS60Aは、360°どの角度からも安定してスチームがだせるパナソニック独自のタンク構造を使用。
ハンガー掛けの衣類でもサッとアイロンできます。

NI-FS40Aは、220°までなら傾けることができます。

NI-FS70A NI-FS60A NI-FS40A
スチーム量 平均 約15 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分(MED時)
360°全方向噴射
平均 約13 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分(MED時)
360°全方向噴射
平均 約11 g/分 (パワフル)
220°スチーム噴射
連続使用時間 約8分(HIGH時)
約13分(MED時)
約8分(HIGH時)
約11分30秒(MED時)
約4分
立ち上がり時間 約17秒 約19秒 約30秒

連続使用時間の違い

 

NI-FS70Aは、HIGH時の連続使用時間約8分MID時の連続使用時間約13分になります。

なみねこ

1番軽くて1番長く使えるのはNI-FS70A!

(NI-FS60AはHIGH時約8分・MID時約11分。NI-FS40AはHIGH時約4分のみ)

立ち上がり時間の違い

 

最新モデルNI-FS70Aは、立ち上がり時間約17秒。最短で使うことができます。

(NI-FS60Aは立ち上がり時間約19秒。NI-FS40Aは約30秒

アイロン時の温度調整の違い

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの3機種とも、ハンガーでスチームアイロン台でプレスもできる2WAY使用。

さらにNI-FS70A・NI-FS60Aは、アイロン時に3段階の温度設定(高・中・低)ができます。

・HIGH…綿や麻
・MID…ポリエステルやレーヨンの化繊、ウールなど
・LOW…アクリルやシルクなど

カーディガンやスカーフなど柔らかい素材にも安心して使用できるのは嬉しいですね^^*

NI-FS70A NI-FS60A NI-FS40A
温度調節機能 3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
自動ヒーターオフ
アイロン面(スチームヘッド)素材 セラミックコート シルバーチタンコート シルバーチタンコート

アイロン面の素材の違い

NI-FS70Aは、アイロン面素材がセラミックコートです。

一方で、NI-FS60ANI-FS40Aは、シルバーチタンコートになります。

一般的にセラミックコートの方が滑りがよく耐久性があります。シルバーチタンコートもセラミックコートには劣るものの丈夫で滑りが良い素材になります。

デザインの違い

最上級のプレミアムモデルNI-FS70Aは、電源スイッチはなく、温度設定スイッチに機能を集約。さらに水位窓と注水口を一体化することで、より洗練された本体フォルムを実現しています。

NI-FS70Aはカームブラック(NI-FS70A-K)とクレイベージュ(NI-FS70A-C)の2種類

・カームブラック(NI-FS70A-K)

 

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)

 

ハイスタンダードモデルNI-FS60Aはカームグレー(NI-FS60A-H)・サクラ(NI-FS60A-P)の2種類

・カームグレー(NI-FS60A-H)

 

・サクラ(NI-FS60A-P)

 

スタンダードモデルNI-FS40Aはホワイト(NI-FS40A-W)1種類のみになります。

 

価格の違い

パナソニックの衣類スチーマーNI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの販売当初の価格を調べました。(※2024年2月現在・価格コム参照)

NI-FS70A 17,820円
NI-FS60A 15,400円
NI-FS40A 10,010円

価格としては、NI-FS40Aが最安値モデルになります。

▼【軽くて使いやすい】コンパクトタイプ最安値モデルNI-FS40A
・ホワイト(NI-FS40A-W)

▼【コスパ◎】すぐ使える大容量タイプNI-FS60A
・カームグレー(NI-FS60A-H)

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
・サクラ(NI-FS60A-P)
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]

【容量NO,1】【最軽量】きれいにシワがのびる!最上位モデルNI-FS70A
・カームブラック(NI-FS70A-K)

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)

NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aは、どっちがおすすめ?【パナソニックの衣類スチーマー】

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの3種なら、どれがおすすめか?機種ごとにまとめました。

ちなみに、綿のワイシャツをまとめてアイロンがけする方や、大きなシーツなどをまとめてアイロンがけする方は、普通のアイロンのほうが早くてキレイに仕上がりますので、衣類スチーマー(スチーマーアイロン)はおすすめしません。

パナソニックの衣類スチーマーは、小物やお出かけ前の服をサッとお手入れしたり、帰宅後にスーツ・礼服のニオイとりやシワ伸ばしをするのにはコンパクトかつパワフルに使えるから大変便利と評判の人気商品になります。

NI-FS70Aをおすすめの方

時短と仕上がりを重視スチーム量が最大のものを手軽に使いたい
コンパクトで軽いことが最優先
・タッチ部分に触れてるだけで楽にスチームが使いたい
・スーツや制服などの消臭・除菌・花粉対策で使いたい
・ハンカチや給食袋、パンツの裾やプリーツを整えるなど、小物のプレスに使いたい

最上位モデルNI-FS70Aは、新開発「静電タッチ式スチーム操作」機能を搭載。

スチーム量・タンク容量が最大なのに、本体質量はシリーズ史上一番軽いモデルになります。

【容量NO,1】【最軽量】きれいにシワがのびる!最上位モデルNI-FS70A
・カームブラック(NI-FS70A-K)

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)
なみねこ

操作性バツグン!一番軽くて長く使える♪

NI-FS60Aをおすすめの方

機能性もある、コスパがいいものを使いたい
360°どの角度でもスチームが安定して出るものがいい
綿〜ニットなど色々な素材の服をお手入れしたいので、3段階の調整機能がほしい
・サクラ色の衣類スチーマーが使いたい
3〜4枚のシャツや制服の上下を手軽にアイロンしたい
外出前にサッと部分的なシワとりをしたい

平均して多めのスチーム量がでるもので、価格もお手頃な商品がほしい場合や、家族の小物や制服のお手入れをしたい方には、NI-FS60Aはコスパ最強のスチーマーアイロンになります。

NI-FS60Aは、アイロン時の温度調整機能があるため、綿シャツなど硬めの素材にも、カーディガンやスカーフなど柔らかい素材にも安心して使用できます。

タンク容量が大きく、立ち上がりも早くて使いやすいモデルになります。

▼【コスパ◎】すぐ使える大容量タイプNI-FS60A
・カームグレー(NI-FS60A-H)

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
・サクラ(NI-FS60A-P)
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]

NI-FS40Aをおすすめの方

一番安くてコンパクトな衣類スチーマーがほしい
・30秒で立ち上がれば十分はやい。
・連続4分使えれば十分。
1着分のスーツのシワ伸ばしと消臭ケアができれば満足

▼【軽くて使いやすい】コンパクトタイプ最安値モデルNI-FS40A
・ホワイト(NI-FS40A-W)

パナソニックの衣類スチーマーは、プレスとスチーマー2WAYで使えて、立ち上がりも速いので外出前の忙しい時にも使いやすい点で評価が高いスチーマーアイロンになります。

なみねこ

どの機種も、シワとりしつつ、手軽に除菌&消臭ができるのは大変便利♪

パナソニックの衣類スチーマーの特徴

 

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの特徴と共通点はこちら

デザインがシンプルで使いやすい
・傾けても安定してスチームがでる
立ち上がりが早いから、すぐ使える
連続パワフルスチームで、シワとニオイをサッとおとす
プレス仕上げとスチーマーの2WAYで使える
・手軽に衣類を除菌・脱臭できる
・ハンドルが握りやすく、使いやすい

ちなみに、パナソニックの衣類スチーマーはコンパクトサイズで軽く使いやすいのですが、シワが強いものにはアイロン台が必要です。

外出前のちょっとしたアイロンには、アイロンミトンが便利です。アイロン台を出さなくても、ハンガーにかけたままアイロンがけができます。

プレス仕上げと2WAY使用・手軽に除菌・脱臭できる

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの3機種とも、ハンガーでスチームアイロン台でプレスもできる2WAY使用。

パワフルスチームをしても、シワが残る場合は、アイロン台でプレス仕上げをするとより効果的にシワが伸びます。

さらに、洗いにくい制服やスーツ・ジャケットやコートなどの脱臭や除菌にも効果的ダニや花粉のアレル物質抑制にも使える上に、赤ちゃんの肌着洗濯後の布マスク、お部屋のファブリックなども手軽に除菌できます。

 

パナソニック衣類スチーマーの使い方

 

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの3機種とも、腕の負担を配慮した低重心設計で、持ちやすく使いやすいようにデザインされています

NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの使い方は、コンセントを入れたら、3ステップで完了します。

1.水を入れる
2.電源ON
3.スチームボタンを押す

これだけ!

コードも約2,5mと長いので使いやすく、耐熱のスタンドが付属しているので本体が熱い状態でもすぐに置けます。

コード付きなので、いざというときに充電してなくて使えない!ということはなく、コンセントを入れればすぐ使うことができます。

2024年最新パナソニック衣類スチーマー比較表

NI-FS70A・NI-FS60A・NI-FS40Aの比較表はこちら。

NI-FS70A NI-FS60A NI-FS40A
カラーバリエーション NI-FS70A-K
(カームブラック)
NI-FS70A-C
(クレイベージュ)
NI-FS60A-H
(カームグレー)
NI-FS60A-P
(サクラ)
NI-FS40A-W
(ホワイト)
アイロン面(スチームヘッド)形状 フラットベース フラットベース フラットベース
アイロン面(スチームヘッド)素材 セラミックコート シルバーチタンコート シルバーチタンコート
スチーム穴の数 6穴 6穴 6穴
浸透スチーム
スチーム量 平均 約15 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分(MED時)
(360°全方向噴射)
平均 約13 g/分 (HIGH時/パワフル)
約9 g/分(MED時)
(360°全方向噴射)
平均 約11 g/分 (パワフル)
(220°スチーム噴射)
連続使用時間 約8分(HIGH時)
約13分(MED時)
約8分(HIGH時)
約11分30秒(MED時)
約4分
タンク容量 約130 mL 約115 mL 約50 mL
スチーム操作 静電タッチ式 プッシュ式 プッシュ式
温度調節機能 3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
3段階温度調節
(HIGH/MED/LOW)
自動ヒーターオフ
立ち上がり時間 約17秒 約19秒 約30秒
脱臭
除菌・アレル物質抑制
抗菌ハンドル
付属品 スタンド/専用カップ スタンド/専用カップ スタンド/専用カップ
電源 100 V/50-60 Hz 100 V/50-60 Hz 100 V/50-60 Hz
消費電力 950 W 950 W 950 W
コードの長さ 約2.5 m 約2.5 m 約2.5 m
外形寸法(本体 幅×高さ×長さ) 約8×13×16 cm 約8×13×16.5 cm 約7×13×15.5 cm
外形寸法(スタンド収納時 幅×高さ×長さ) 約9×15.5×17.5 cm 約9×15.5×17.5 cm 約8.5×15×17 cm
本体質量(スタンド含まず) 約660 g 約690g 約690g

【容量NO,1】【最軽量】きれいにシワがのびる!最上位モデルNI-FS70A
・カームブラック(NI-FS70A-K)

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)

▼【コスパ◎】すぐ使える大容量タイプNI-FS60A
・カームグレー(NI-FS60A-H)

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
・サクラ(NI-FS60A-P)
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]

▼【軽くて使いやすい】コンパクトタイプ最安値モデルNI-FS40A
・ホワイト(NI-FS40A-W)

2024年最新パナソニック衣類スチーマー比較まとめ

今回の記事では、パナソニックの2024年新型NI-FS70ANI-FS60ANI-FS40Aの違いや、パナソニックの衣類スチーマーの特徴を詳しく記載しました。

まとめてアイロンをかけることが多い方は、普通のアイロンの方が仕上がりも良く、時短にもなります。

一方でパナソニックの衣類スチーマーは、ニットカーディガンやレーヨン・ポリエステル混合のアイロンしづらいオシャレ着などに使用でき、立ち上がりも速いので外出前の忙しい時にも使いやすい・帰宅後も気軽にお手入れしやすい点で評価が高いスチーマーアイロン(衣類スチーマー)になります。

なみねこ

スーツや制服のシワ伸ばしや、礼服のニオイとりに最適!

手軽に服のしわをサッとのばして、一日中気持ちよくすごせますね♪

この記事がパナソニックの衣類スチーマーを購入しようかどうか迷っている方へお役立ていただけたら、幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【容量NO,1】【最軽量】きれいにシワがのびる!最上位モデルNI-FS70A
・カームブラック(NI-FS70A-K)

・クレイベージュ(NI-FS70A-C)

▼【コスパ◎】すぐ使える大容量タイプNI-FS60A
・カームグレー(NI-FS60A-H)

パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]
・サクラ(NI-FS60A-P)
パナソニック|Panasonic 衣類スチーマー NI-FS60A [ハンガーショット機能付き]

▼【軽くて使いやすい】コンパクトタイプ最安値モデルNI-FS40A
・ホワイト(NI-FS40A-W)

▼2024年発売プレミアムモデルNI-FS70Aと型落ち比較記事はこちら

NI-FS70AとNI-FS790の違いは?パナソニック衣類スチーマー比較
パナソニックの新型NI-FS70Aと型落ちNI-FS790の違いや、パナソニックの衣類スチーマーの特徴、どちらがおすすめかを詳しく紹介します。

▼2024年発売ハイスタンダードモデルNI-FS60Aと型落ち比較記事はこちら

NI-FS60AとNI-FS690の違いを比較!パナソニック衣類スチーマー
パナソニックの新型NI-FS60Aと型落ちNI-FS690の違いや、パナソニックの衣類スチーマーの特徴やどっちがおすすめかを詳しく記載しました。

▼2024年発売スタンダードモデルNI-FS40Aと型落ち比較記事はこちら

NI-FS40AとNI-FS430の違いを比較!【最安値モデル】パナソニック衣類スチーマー
パナソニックの新型NI-FS40Aと型落ちNI-FS430の違いや、パナソニックの衣類スチーマーの特徴、どちらがおすすめかを詳しく紹介します。

>>ヤマダ電機で衣類スチーマーをチェックする



コメント

タイトルとURLをコピーしました