afrieigoyaho378

SH-T132とSH-T131の違いは1つ。シロカまめポカの口コミ評判まとめ

SH-T132家電

SH-T132とSH-T131は、シロカのまめポカシリーズの小型セラミックファンヒーターです。

2022年発売のSH-T132と2021年発売のSH-T131ですが、違いは1点です。

・SH-T132は「異常検知ブザー」を新搭載。

新型SH-T132では、異常な温度上昇を感知してブザーで知らせる「異常検知ブザー」を新たに搭載。より安全性に考慮した商品になっています。

この記事では、シロカのまめポカ新型SH-T132と型落ちSH-T131の違いや、特徴・口コミを詳しくご紹介します。

SH-T132の発売日は、2022年9月17日です。

▼異常検知ブザーが新搭載!より安全性に考慮したSH-T132

▼その他の機能は同じ!SH-T131★今すぐ在庫をチェック!

両機種ともコンパクトで静かと評判の小型セラミックファンヒーターです。

この記事で違いをチェックして、あなたにぴったりの足元ヒーターを選んでいただけたら幸いです^^♪

SH-T132とSH-T131の違いを比較

SH-T132とSH-T131の違いは、冒頭でも記載の通り

・SH-T132は「異常検知ブザー」を新たに搭載している。

以上の1点です。その他の機能は同じです。

新型SH-T132では、異常な温度上昇を感知してブザーで知らせてくれます。

その他にもまめポカ・SH-T132とSH-T131には安心して使えるように安全設計がされています。

まめポカの口コミ評判をレビュー

シロカのまめポカの口コミ評判をレビューしました。

悪い口コミとしては、

・ボタンが長押し
好みの温度、ずっとキープできない。

という口コミがありました。ボタンを押しても暖かくならない場合は、1年間はメーカー保証がありますので、すぐ連絡したほうがいいですね。

一方で、良い口コミとしては、

・トイレ用に購入しました。場所を取らず良いです。
静音設計は特筆物。耳障りな機械音がない
50㎝くらいまでは暖かい
・消費電力700Wなので助かる

という口コミがありました。

脱衣所やトイレなどに、静かで省エネ(消費電力が低め)の足元ヒーターが必要な方には満足度が高く高評価でした。

設定した室温をキープする温度調節機能は、イマイチの様子ですが、人感センサーは大丈夫そうです。

▼異常検知ブザーが新搭載!より安全性に考慮したSH-T132-W

▼その他の機能は同じ!SH-T131-W★今すぐ在庫をチェック!

まめポカの特徴・SH-T132とSH-T131の共通点

シロカのまめポカは、部屋全体をあたためるヒーターではなく、足元や自分の近くをあたためるヒーターです。

まめポカの特徴としては、コンパクトで持ち運びしやすいデザインだけでなく、安全性も考慮された設計であることです。

・コンパクトな設計(取っ手付き)
・お手入れしやすいフラットデザイン
・温調機能あり
・転倒・振動検知センサー付き
・人感センサー付き
・活性炭フィルター付き

1つ1つ紹介しますね。

コンパクトなデザイン

 

コンセントさえあれば、狭い場所にも置けるコンパクトなサイズ。

本体サイズ:幅19cm ×奥行14cm ×高さ27cm

・リモートワークのデスク下
・脱衣所やトイレ
・キッチンの足元など

狭いスペースでも使えるのが便利♪

また、本体には抗菌処理を施しているので、トイレなどでも衛生的に使用できます。活性炭フィルター付きなので嫌なニオイもカット。

天面のボタンもフラット設計なので、さっと拭けて掃除も簡単ですね。

消費電力700W

ヒーターの消費電力は意外にかかりますよね。

シロカのまめポカは消費電力700W。なので1時間あたりの電気代は約18円。1日8時間使っても約140円程度。

しかも人感センサー付きなので、さらに節電できますよ♪

温調機能・人感センサー付き

設定した室温をキープする温度調節機能により常にポカポカ。その場を離れると運転を自動停止する人感センサーも搭載しています。

転倒・振動検知センサー付き

まめポカには本体の転倒や大きな振動を感知して自動的に電源がオフになる安全装置が搭載されています。

子どもやペットが倒してしまったり、足元にあるので、倒してしまうこともありそうですよね。

足元ヒーターには、万が一のために、こういった安全装置があると安心ですね^^

▼異常検知ブザーが新搭載!より安全性に考慮したSH-T132-W

▼その他の機能は同じ!SH-T131-W★今すぐ在庫をチェック!

まめポカの詳細まとめ

温度調節・人感センサー付き足元ヒーターまめポカSH-T132の詳細表はこちら
※過熱防止装置はSH-T132のみ。その他の機能(スペック)はSH-T131と一緒。

電源
交流100V、50/60Hz
消費電力700W
本体重量(約)1.4kg
コード長(約)1.5m
サイズ(約)
幅19cm ×奥行14cm ×高さ27cm
送風機能
自動電源オフ機能
転倒・振動検知機能
異常過熱検知機能
安全装置
転倒自動停止装置、過熱防止装置
セット内容
本体、活性炭フィルター、取扱説明書(保証書)
ボディカラーホワイト

SH-T132とSH-T131の違い・シロカまめポカの口コミ評判まとめ

省エネ静かお手入れしやすくコンパクトなデザインのシロカまめポカ。

今回の記事では、2022年最新作のSH-T132と2021年発売モデルSH-T131の違いや、シロカまめポカの特徴について記載しました。

SH-T132とSH-T131の違いは、以下の1点です。その他の機能は同じです。

・SH-T132は「異常検知ブザー」を新たに搭載している。

まめポカの口コミでは、24時間ずっとあたたかさをキープするのは向いてないのですが、スポットとして使うにはコンパクト・静か・省エネで大変便利との口コミがありました

シロカの小型セラミックファンヒーターまめポカを購入しようかどうか迷っている方のお役立ていただけたら、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

▼異常検知ブザーが新搭載!より安全性に考慮したSH-T132-W

▼その他の機能は同じ!SH-T131-W★今すぐ在庫をチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました