afrieigoyaho378

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違いを比較!日立紙パック式コードレス掃除機

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
PKV-BK50L 家電

日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの違いは6つです。

ジェット3Dファンモーター搭載風量が約16%向上吸引力UP!
連続使用時間も長持ち
・紙パックの容量UP!ゴミ捨ての回数が減ってお手入れがラク

・カセット式リチウムイオン電池で電池交換がラク!
自動運転モードで、畳やフローリングも調整してくれる
・ゴミくっきりライトの数が多い

あとはサイズ・デザイン・付属品、価格が違います。

新型PKV-BK50Lの方が、モーターパワーUP紙パック増量(4ヶ月分)連続使用時間長持ちカセット式電池搭載で、サイズも大きく、吸引力も強力なため、広いお家でも使いやすい仕様になっています。

際立つパワー!紙パック式(4ヶ月分)でお手入れ楽ちん♪軽量1.4kg
PKV-BK50L-V※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

▼【最軽量】紙パック式(2ヶ月分)クリーナー 今すぐ在庫をチェック!
PKV-BK3K-V ※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

>>ヤマダ電機でスティッククリーナーをチェックする

ここでは日立の新型PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの違いや、日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」の機能を比較表などで詳しく紹介します。

PKV-BK50Lの発売日は2023年12月、
型落ちPKV-BK3Kの発売日は2022年12月になります。

▼型落ちPKV-BK3Kの口コミレビューまとめ記事はこちら

PKV-BK3Kのバッテリー交換方法。口コミ評判をレビュー!日立紙パック式コードレス掃除機【かるパックスティック】
日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK3Kのデメリット・メリット・特徴を、口コミと一緒に紹介しています。

PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの違いを比較

冒頭でも記載の通り、PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの機能面での主な違いは6つです。

・紙パックの容量UP!ゴミ捨ての回数が減ってお手入れがラク
・ジェット3Dファンモーター搭載で風量が約16%向上・吸引力UP!
・連続使用時間も長持ち
自動運転モードで、畳やフローリングも調整してくれる
・カセット式リチウムイオン電池で電池交換がラク!
・ゴミくっきりライトの数が多い

あとはサイズ・デザイン・付属品、価格が違います。

次に、1つ1つ詳しい機能の違いを紹介します。

紙パック容量の違い

新型PKV-BK50Lは、約4か月分相当のごみ(0.6L)をためられる紙パック式コードレススティッククリーナー。

一方で、型落ちPKV-BK3Kは、約2か月分相当のごみ(0.4L)をためられる紙パック式コードレススティッククリーナーになります。

両方とも、紙パックがごみで満杯に膨らんだ状態でもフィルター枠がスライドして簡単に取り出せます

ジェット3Dファンモーターによる風量・吸引力の違い

新型PKV-BK50Lは、ジェット3Dファンモーター搭載。小型・軽量ときわだつパワーの両立を実現。

型落ちPKV-BK3Kと比較して、風量が約16%向上

強い吸引力と、紙パックにごみがたまっても空気がスムーズに流れる「パワー長もち流路」により、集めたごみをパワーで圧縮。吸引力が長持ちする仕組みになっています。

なみねこ

新型PKV-BK50Lは、吸引力UP&長持ち

連続使用時間の違い

PKV-BK50L PKV-BK3K
連続使用時間 強約8分
自動約8~40分
標準約40分(約60分※)
※ パワフル スマートヘッド非使用時
強約8分
標準約30分(約45分※)
※ パワフル スマートヘッド非使用時

PKV-BK50Lは自動運転モードが新搭載。
標準モードだと型落ちPKV-BK3Kより約10分も長持ち。

自動運転モードの違い

新型PKV-BK50Lは、自動運転モード搭載。
自動ボタンを押すだけで、フローリング、たたみ、カーペットなど、床質や操作力を感知して吸引力をコントロールしてくれます。

なみねこ

クリーナーとして、より使いやすい!

カセット式リチウムイオン電池の違い

新型PKV-BK50Lは、カセット式リチウムイオン電池(21.6V)のため、電池の交換がラク。

型落ちPKV-BK3Kは、電池が内蔵されているため、自分では交換できない仕様になっています。販売店または相談窓口に連絡する必要があります。

リチウムイオン電池(バッテリー)の寿命は、毎日使って約3年、2日に1回使って約6年くらいです。

ゴミくっきりライトの違い

新型PKV-BK50Lは、ゴミくっきりライト(7灯)に対し、型落ちPKV-BK3Kは、ゴミくっきりライト(5灯)を搭載。

白色よりもゴミをみえやすくする緑色のライトで、暗いところや明るいところでも、よりゴミが見えるので、取り残しなく掃除できます。

付属品の違い

新型PKV-BK50Lは、スタンド式充電台で、スタンド台に置けば充電してくれるタイプその上、その他の付属品や、予備のゴミ紙パックもスタンドに収納できます。

一方で、型落ちPKV-BK3Kは、スティックスタンドのみ。ですので、毎回コードをクリーナー本体に繋ぐ必要があります。

また、ふとんやソファについたペットの毛やごみをしっかり吸いとる布用ブラッシングヘッドは新型PKV-BK50Lのみの付属品になります。

付属品はすべて水洗いできます。

サイズとデザインの違い

PKV-BK50L PKV-BK3K
本体寸法
(長さ×幅×高さ)
スティック時
225mm×230mm×1,102mm
ハンディ時
429mm×92mm×163mm
充電台セット時
277mm×297mm×1,170mm
スティック時
205mm×230mm×1082mm
ハンディ時
409mm×84mm×156mm
スタンドセット時
249mm×280mm×1108mm
標準質量(本体質量) 1.4kg(0.97kg) 1.1kg(0.80kg)

※標準質量は本体・延長パイプ・パワフル スマートヘッド・電池の合計質量です。(本体質量)は電池を含みます。

新型PKV-BK50Lの方が大きく、やや重いです。型落ちPKV-BK3Kは、一番軽くてコンパクトなタイプになります。

2モデルとも、ライトラベンダー(日本製)になりますが、若干デザインが違います。

▼2023年発売PKV-BK50L-V

▼2022年発売PKV-BK3K-V

価格の違い

価格としては、型落ちPKV-BK3Kの方が新型PKV-BK50Lの約半額になります。(2023年12月現在)

型落ちPKV-BK3Kは、新型よりはパワーや容量が少ないですが、紙パック式でより軽いタイプ&新型とほぼ機能は一緒で、低価格なのがメリットですね。

インターネットで購入する場合は、楽天・Amazon・ヤフーショッピングなどで購入するとポイントが還元されます。

▼【最軽量】紙パック式(2ヶ月分)クリーナー 今すぐ在庫をチェック!
PKV-BK3K-V ※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

際立つパワー!紙パック式(4ヶ月分)でお手入れ楽ちん♪軽量1.4kg
PKV-BK50L-V※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kはどっちがおすすめ?

日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの違いを踏まえた上で、どちらがおすすめか紹介します。

PKV-BK50Lをおすすめする人

2023年発売のPKV-BK50Lをおすすめする人はこちら

より吸引力と持続力のあるコードレスクリーナーがほしい方
スタンド式充電台で、サッと取れば使えるクリーナーがほしい方
ゴミ捨ての回数が少ないメンテナンスがラクなクリーナーがほしい方
・よりゴミがくっきりみえやすいクリーナーがほしい方
・フローリングやカーペットなど、床の質に合わせて効率よく掃除がしたい方

PKV-BK50Lの方は、モーターパワーUP紙パック増量(4ヶ月分)連続使用時間長持ちカセット式電池搭載、自動運転モード搭載で、より使いやすい仕様に進化しています。

際立つパワー!紙パック式(4ヶ月分)でお手入れ楽ちん♪軽量1.4kg
PKV-BK50L-V※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

PKV-BK3Kをおすすめする人

2022年発売のPKV-BK3Kをおすすめする人はこちら

紙パック式価格の安い一番軽量のクリーナーがほしい方
・サブで手軽に使える掃除機がほしい方
腰をかがめる事なく、すべて立ったまま掃除をしたい方
ゴミがくっきりみえるライトがついてるクリーナーがほしい方
・髪の毛が絡みにくく、水洗いできるブラシのクリーナーがほしい方

ブラシやライトなどの機能面は新型と同じで、より軽くメンテナンスがしやすい紙パックのクリーナーが新型よりもほぼ半額で手に入るのは、かなりお買い得ですね。

▼【最軽量】紙パック式(2ヶ月分)クリーナー 今すぐ在庫をチェック!
PKV-BK3K-V ※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

▼型落ちPKV-BK3Kの口コミレビューまとめ記事はこちら

PKV-BK3Kのバッテリー交換方法。口コミ評判をレビュー!日立紙パック式コードレス掃除機【かるパックスティック】
日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK3Kのデメリット・メリット・特徴を、口コミと一緒に紹介しています。

PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの共通機能・特徴

メンテナンスがラクな紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」

日立コードレスクリーナーの新型PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの共通機能や特徴はこちら

・押すときも引くときも吸引するゴミの取り残しを減らす構造パワフルスマートヘッド付き
自走アシストで楽々お掃除
壁際やすき間など細かい場所の掃除がしやすい便利な機能
・緑色LEDライトのゴミくっきりライトで見えにくいゴミもしっかりキレイに
・ブラシは髪の毛などがからまない構造&水洗いできて衛生的に使える
・ゴミをこぼさんパックでお手入れラク。排気もきれい。

ごみがいっぱいになったら紙パックを捨てるだけでOK。

なみねこ

圧倒的に掃除後がラク!

パワフルスマートヘッド搭載

ヘッドを引くときもゴミを吸引してくれる[シンクロフラップ]を採用。

パワフルスマートヘッドなら、ヘッドを押すときも引くときもゴミを吸引してくれるので、取りこぼしなく掃除できます。さらに、4つの機能付きで、お掃除もラクラク♪

クルッとヘッド:ヘッドが左右90度に曲がるので、掃除しにくい壁ぎわもしっかりお掃除

ペタリンコ構造:家具(高さ10cm以上)の下など低いところもヘッドが浮かずに掃除できます。

自走機能:ブラシが回転するので、軽い力でもスイスイ前に進みます

ゴミくっきりライト
白色に加え、緑色のLEDライトを採用。緑色はもっとも明るく感じる波長に近く、照らされたごみとごみの影の明暗の差(コントラスト)が大きくなるため、ごみが見えやすくなります。

暗いところはもちろん明るいところでも、見えにくかったごみを浮かび上がらせます

からまんブラシ

からまんブラシとは、ブラシの先端をループ形状にすることで髪の毛などがからまりにくくなり、すっきり吸引できるブラシのことです。

日立のからまんブラシは、ゴミを吸い込むだけでなくフローリングに付着した菌もふき取りできる優れもの。ワンタッチで取り外せて、水洗いもできるので、よりブラシが清潔に保てます

一般財団法人 北里環境科学センターにて、菌を付着させたフローリングをヘッドで1往復掃除した直後の菌の除去率を測定したところ、フローリングに付着した菌の除去率はなんと99%だったそうです。 ※報告書番号:北生発2021_0176号

なみねこ

拭き掃除するように掃除機で菌もふきとれる~!

ゴミをこぼさんパックでお手入れラク。排気もきれい。

集めたごみをきわだつパワーで圧縮。[パワー長もち流路]により、紙パックいっぱいまでごみをためられます。

[紙パックするりん構造]で満杯に膨らんだ紙パックを簡単に取り出せます。シールふたで密閉する「こぼさんパック」で、ほこりが舞いにくくごみがこぼれにくい構造になっています。

▼日立純正パックフィルター(抗菌3層パックフィルター)
GP-S120FS(6枚入り)

created by Rinker
¥1,100 (2024/06/13 12:47:36時点 楽天市場調べ-詳細)
なみねこ

お掃除のあとのお手入れもラク!

充実の付属品

・ハンディブラシ:ブラシ付きでテーブルなどを傷つける心配なく手軽に掃除できます。

・伸縮すき間用吸口:狭いすき間や、奥行きのあるすき間も掃除できます。

・ほうきブラシ:カーテンや引き出しの中、サッシの溝など、掃きながらキレイにできます。チューブ状の吸込口で、引き出しの中も、クリップなど小物を吸わずにごみを吸引できて大変便利。

※PKV-BK3Kは、ブラシとすき間用吸口が1つになった、2WAYすき間ブラシが付属しています。

PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの比較表

2023年発売PKV-BK50Lと2022年発売PKV-BK3Kの詳細を比較表でまとめました。違う項目は赤字にしてあります。

PKV-BK50L PKV-BK3K
タイプ 紙パック式 紙パック式
本体寸法(長さ×幅×高さ) スティック時
225mm×230mm×1,102mm
ハンディ時
429mm×92mm×163mm
充電台セット時
277mm×297mm×1,170mm
スティック時
205mm×230mm×1082mm
ハンディ時
409mm×84mm×156mm
スタンドセット時
249mm×280mm×1108mm
標準質量(本体質量) 1.4kg(0.97kg)
※標準質量は本体・延長パイプ・パワフル スマートヘッド・電池の合計質量です。(本体質量)は電池を含みます。
1.1kg(0.80kg)
※標準質量は本体・延長パイプ・パワフル スマートヘッド・電池の合計質量です。(本体質量)は電池を含みます。
集じん容積 0.6L 0.4L
電池(定格電圧) カセット式リチウムイオン電池(21.6V)
リチウムイオン電池(内蔵)(18V)
連続使用時間 強約8分
自動約8~40分
標準約40分(約60分※)
※ パワフル スマートヘッド非使用時
強約8分
標準約30分(約45分※)
※ パワフル スマートヘッド非使用時
充電時間 約2時間 約2時間
ヘッド パワフルスマートヘッド
ヘッド幅約23cm
ブラシ水洗い対応
ゴミくっきりライト(7灯)
シンクロフラップ
パワフルスマートヘッド
ヘッド幅約23cm
ブラシ水洗い対応
ゴミくっきりライト(5灯)
シンクロフラップ
ヘッド機能 自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
回転ブラシ
ワンタッチ着脱
水洗い対応
モーター駆動方式
からまんブラシ
自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
回転ブラシ
ワンタッチ着脱
水洗い対応
モーター駆動方式
からまんブラシ
使いやすさ 紙パックするりん構造
パワー長もち流路
紙パックするりん構造
パワー長もち流路
付属品 ハンディブラシ、伸縮すき間用吸口、布用ブラッシングヘッドほうきブラシ、延長パイプ、スタンド式充電台、ACアダプター、パックフィルター 、GP-S120FS 1枚
ハンディブラシ、2WAYすき間ブラシ、延長パイプ、スティックスタンド、ACアダプター、パックフィルター、GP-S120FS 1枚

際立つパワー!紙パック式(4ヶ月分)でお手入れ楽ちん♪軽量1.4kg
PKV-BK50L-V※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

▼【最軽量】紙パック式(2ヶ月分)クリーナー 今すぐ在庫をチェック!
PKV-BK3K-V ※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

PKV-BK50LとPKV-BK3Kの違い。日立紙パック式コードレス掃除機【かるパックスティック】比較まとめ

日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK50Lと型落ちPKV-BK3Kの違いは主な機能面で6つあります。

・紙パックの容量UP!ゴミ捨ての回数が減ってお手入れがラク
・ジェット3Dファンモーター搭載で風量が約16%向上・吸引力UP!
・連続使用時間も長持ち
自動運転モードで、畳やフローリングも調整してくれる
・カセット式リチウムイオン電池で電池交換がラク!
・ゴミくっきりライトの数が多い

あとはサイズ・デザイン・付属品、価格が違います。

新型PKV-BK50Lは、モーターパワーUP紙パック増量(4ヶ月分)連続使用時間長持ちカセット式電池搭載自動運転モード搭載で、掃除効率が大幅にUP!

サイズも大きく、吸引力も強力なため、広いお家でも使いやすい仕様になっています。

際立つパワー!紙パック式(4ヶ月分)でお手入れ楽ちん♪軽量1.4kg
PKV-BK50L-V※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

型落ちPKV-BK3Kは、日立の中でも一番軽くて、一番安い紙パック式コードレスクリーナーになります。パワフルスマートヘッドやライト、からまんブラシなどの機能面は新型と同じです。が、価格は新型と比較してほぼ半額になります。

▼【最軽量】紙パック式(2ヶ月分)クリーナー 今すぐ在庫をチェック!
PKV-BK3K-V ※楽天で最安値ショップはこちら※2023年12月現在

>>ヤマダ電機でスティッククリーナーをチェックする

日立の「かるパックスティック」なら、コードレスで使いやすく、紙パック式なら、掃除後のごみ処理も紙パックでラクラク♪
掃除中も掃除後もお手入れカンタンで済みますね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼型落ちPKV-BK3Kの口コミレビューまとめ記事はこちら

PKV-BK3Kのバッテリー交換方法。口コミ評判をレビュー!日立紙パック式コードレス掃除機【かるパックスティック】
日立紙パック式コードレス掃除機「かるパックスティック」PKV-BK3Kのデメリット・メリット・特徴を、口コミと一緒に紹介しています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました