afrieigoyaho378

SS-MH351とSS-MA351の違いは1つ【自動給水・工事不要】シロカ食洗機の電気代は?

SS-MH351家電

シロカの食洗機SS-MH351SS-MA351の大きな違いは、乾かす方法が違います。

・SS-MH351は温風で乾かす【温風乾燥機能付き】
・SS-MA351は自然乾燥でエコに乾かす【オートオープン機能付き】

SS-MH351は温風で乾かす方法ですが、SS-MA351は洗浄後、自動でドアが開くことにより自然乾燥で食器や庫内を乾かします。

シロカの食洗機2022年新型モデルのSS-MH351・SS-MA351は、両方とも【自動給水・工事不要】の食洗機になります。

ここではシロカの新型SS-MH351・SS-MA351の電気代などの違い、シロカの食洗機の特徴を詳しくご紹介します。

SS-MH351とSS-MA351の発売日は2022年5月21日(SS-MA351の発売日は2022年5月31日に延期)です。この記事がシロカの食洗機を買おうと思っている人へ参考になれば嬉しいです。

給水の手間もいらない自動給水式食器洗い乾燥機!大容量で強力な洗浄力とUV除菌で安心。
▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

シロカ食洗機SS-MH351とSS-MA351の違いは?電気代・運転時間も比較

シロカ食洗機のSS-MH351とSS-MA351の違いは、冒頭でも記載の通り、乾かす方法が違います。

・乾かす方法が違う
・温風乾燥機能付きSS-MH351の方が運転時間プラス温風乾燥1時間かかる
・オートオープン機能付きSS-MA351の方が温風乾燥がない分電気代が約25円ほど安い

SS-MH351の場合、ヒーターとファンによる強制排気でパワフルな温風で乾かすので運転時間も長く、その分の電気代もかかります。

自然乾燥のSS-MA351と比較して、運転時間に温風乾燥分が約1時間ほどプラスされます。

消費電力が923W/951Wですので、温風乾燥分が1時間の場合1回あたり約25円追加で高くなります。※1 kWhあたりの電力契約料金を25円として計算した場合

1時間使用したときの電気代の目安はこちら※常に一定の電力を消費するわけではなく、ヒーターを使った時の最大の電気代として計算しています。

温風乾燥機能付きのSS-MH351の場合
温風乾燥あり:約25円
温風乾燥なし:約24円
自然乾燥のSS-MA351場合
約24円

SS-MH351・SS-MA351ともに2時間使うと電気代は約48円ほどかかります。(標準コースは1時間39分・温風乾燥付きだと2時間24分)

温風乾燥分の電気代はかかりますが、シロカの食洗機は手洗いよりも水道代を約5Lも節約できるのでエコではあります(^^;

SS-MH351・SS-MA351ともに使用水量は8.5 L(分岐水栓使用時)/ 9 L(バケツ給水時)で、分岐水栓の方がややお得ではあります。

また温風乾燥機能付きのSS-MH351は温風乾燥だけのコースもあります。一方で、洗浄終了後、自動でドアが開くSS-MA351は、オートオープン機能をオフにすればドアは閉めたままにもできます。

なみねこ

電子レンジ程ではないけど、手間は省ける分、電気代がかかる!便利家電の宿命・・・

▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

シロカ食洗機SS-MH351とSS-MA351の共通する特徴


※↑画像をクリックすると楽天サイトに飛びます
シロカ食洗機SS-MH351とSS-MA351の共通する特徴は以下7点になります。

タンク・工事不要の自動給水式食洗機
・奥行約35cmとスリムでコンパクトサイズ
4~5人分の食器36点を1度に収納できる
・トルネード除菌洗浄75でパワフルに洗浄してくれる
UV除菌で洗浄後99.9%除菌状態を持続
・UV除菌専用コースでマスク・哺乳瓶・タンブラーなどの小物を除菌できる
ステンレス製の庫内で汚れが付きにくい

※約4~5人分/食器36点(大皿5点、中皿5点、小皿10点、茶わん5点、汁わん5点、コップ6点、小物類(はし、スプーン等))
次に、共通の特徴を1つ1つ詳しく紹介します。

シロカ食洗機は工事不要の自動給水式

シロカ食洗機は水道工事が不要&タンクがないので、給水をする手間も省けて、タンクのぬめりや水垢などの汚れを気にせず清潔に使えます。

自動給水式だから付属のバケツから自動で水をくみ上げてくれるため、より手軽に使えてとても便利。

バケツから水をくみ取るのが嫌な方は、分岐水栓式にも対応しているので、蛇口を変えれば水道からそのまま給水できます。(蛇口によっては水道工事が必要な場合もあります)

なみねこ

タンク式よりはるかに手軽に使うことができるのが特徴!

コンパクトサイズなのに大容量

シロカ食洗機SS-MH351とSS-MA351のサイズは約55(幅)×50(高さ)×35(奥行)cm、本体重量は21kgになります。

奥行きが約35cmでキッチンに置きやすく、4~5人分の食器36点を1度に収納!食後の後片付けも楽々♪最大27cmの大皿や、直径28cmまでのフライパンも収納できます。

家族が多いと食器棚がごちゃごちゃしやすいですが、食洗機を置くだけで見た目的にすっきりキレイに見えるのはお得ですね。

パワフルな洗浄能力・トルネード除菌洗浄75とは?

手洗いではできない最高75度の高温最大2mの高圧を合わせて洗い上げることで、ギトギトの油汚れ・しつこい粘着汚れを一度ですっきりキレイに洗い流します。

【高熱×高圧×360度洗浄】を合わせたシロカ独自の洗浄能力「トルネード除菌洗浄75」とは?

・最高75℃の高温すすぎで、手洗いでは落としづらい油汚れや粘着性の汚れまで、すっきりキレイに落とします。
・約2mにも達する高圧の水流が汚れをしっかり洗い流し、食器と食器の隙間やざるの網目なども、すみずみまで徹底的に洗浄。
360°あらゆる角度から高温・高圧で洗浄するので、キレイの仕上がりが違う!

なみねこ

カレーやミートソースが付いた食器も、これなら洗浄機後の2度洗いなし!

UV除菌機能で洗浄後もキレイを持続

洗浄後も、送風とUV除菌機能(UVライトの照射)で99.9%除菌状態を8時間以上持続するのでより衛生的。※洗い上がりの99.9%除菌状態は日本微生物クリニックにて菌の種類2種の寒天平板混釈法で試験済です。

またUV除菌専用コースでは、スマートフォンケース・マスクなどの小物のほか哺乳瓶・タンブラーなども除菌できます。

6つの自動洗浄プログラム

シロカ食洗機SS-MH351・SS-MA351では、6つの自動洗浄プログラムがあります。※コース時間は温風乾燥なしの時間になります。

・おまかせコース(1時間〜2時間):省エネ時短で洗浄してくれる
・標準(1時間39分)
・念入り(2時間)
・スピーディー(45分):約45分で洗浄完了!
・ソフト(1時間35分)
・庫内洗浄(1時間33分):自動で庫内洗浄してくれるのでお手入れもらく!
・その他オプションモード:UV除菌専用コース、予約機能あり、SS-MH351のみ温風乾燥コースあり

とくにおまかせコースでは、センサーで食器の汚れを検知して自動で汚れ具合に合わせてエコ&時短洗浄してくれるから、とても便利ですね。

▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

付属品

SS-MH351とSS-MA351を購入すると、付属品として

上かご、下かご、小物トレイ、小物入れ、分岐水栓用給水ホース、給水専用バケツ、バケツ用給水ホース、排水ホース、UV除菌コース専用トレイ

が付いてきます。

シロカ食洗機の強制排水方法

シロカ食洗機の強制排水もできます。強制排水方法は機種によって異なります。

SS-MH351 / SS-MA351 の場合
1. 電源コードを抜いて、もう一度電源を入れ直す
2. 《おまかせ》ボタンと《ソフト》ボタンを同時に長押しする
3. 画面が「-:–」となり強制排水される

シロカ食洗機の使い方


※↑画像をクリックすると楽天サイトに飛びます
シロカ食洗機の使い方は、排水用と給水用にバケツを用意して、洗剤を入れ、スイッチを押すだけです。分岐水栓式の場合と排水をシンクにする場合はバケツもなくてOKです。

食器洗い機専用洗剤であれば、液体・粉末・タブレットの洗剤をどれでも使えます。

手洗い用の洗剤を使ってしまうと、食洗機内が泡だらけに・・・間違って入れてしまった場合は、1時間ほど放置し、その後2~3回スピーディーコース運転を繰り返せばOKです。

食洗機専用洗剤の違いは、手洗い用の洗剤は洗剤能力が低く泡が立ちやすい特徴がある一方で、食器洗い機専用洗剤は洗剤能力が高く、泡立ちにくい特徴があります。

シロカ食洗機SS-MH351・SS-MA351の特徴まとめ

シロカ食洗機SS-MH351・SS-MA351の特徴をまとめると

・コンパクトだけど4~5人分対応可能な大型タイプ
自動給水式と分岐水栓式の2Wayタイプ
水道工事不要、省スペースで色々な場所に設置可能
水洗いできないものも除菌できる、UV除菌専用コースを搭載
・食器の汚れ具合に応じて自動で洗浄する、おまかセンサー搭載
・食器のサイズに合わせてセットできる上下2段カゴが付属でついてくる
電気料金がお得な夜間など、好きな時間に自動洗浄できる予約運転
・6つの自動洗浄プログラムつき
・しっかり乾く温風乾燥機能つき。温風乾燥のみのコースも搭載 ※SS-MH351のみ
・自然乾燥を促すオートオープン機能搭載 ※SS-MA351

となります。

▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

SS-MH351とSS-MA351なら、どちらがおすすめ?

SS-MH351のメリットとしては、温風乾燥でしっかり乾燥できて衛生的に食器乾燥ができることです。

・しっかり乾燥して食器を衛生的に保ちたい
・食器を拭く手間を省きたい
・食洗後、すぐ片付けたい
・家族が多く、使う食器が足りない

そんな方はSS-MH351がおすすめです。

一方で、オートオープン機能付きのSS-MA351のメリットとしては、電気代がかからずエコに食器乾燥ができることです。

・時間がかかっても食器は自然乾燥でいい
・食器を洗ってくれれば、乾燥方法は気にしない
・エコ商品が好き。オートオープン機能が気に入っている。

そんな方はSS-MA351がおすすめです。

▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

シロカ食洗機SS-MH351とSS-MA351まとめ

シロカの食洗機は工事不要で自動給水式なので、より手軽に使えてとても便利ですね。

シロカの食洗機2022年5月21日発売の新型モデルSS-MH351・SS-MA351の大きな違いは、乾かす方法が違います。

・SS-MH351は温風で乾かす【温風乾燥機能付き】
・SS-MA351は自然乾燥でエコに乾かす【オートオープン機能付き】

SS-MH351は温風で乾かす方法ですが、SS-MA351は洗浄後、自動でドアが開くことにより自然乾燥で食器や庫内を乾かします。

そのため、電気代や使用時間に違いがありますが、その他の機能は一緒になります。電気代の違いやシロカの食洗機の特徴は記事内で詳しく記載してあります。

この記事が、シロカの食洗機を購入を迷っている方の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

▼シロカ食洗機【温風乾燥機能モデル】SS-MH351(4~5人用)

▼シロカ食洗機【オートオープン機能付き】SS-MA351(4~5人用)

コメント

タイトルとURLをコピーしました