afrieigoyaho378

HX-PK12とHX-L120の違いを比較!口コミ評判はどう?

シャープのプラズマクラスター加湿ヒーター空調家電

シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターの新型HX-PK12と型落ち(旧型)HX-L120の違いを比較しました。

この記事では、2021年9月16日発売のHX-PK12とHX-L120どちらがいいか、旧型HX-L120の口コミ評判も紹介します。

新型HX-PK12と旧型HX-L120の違いを比較すると新型の方が3つの進化があります。

・新型HX-PK12は業界トップクラスの加湿量650mL/h
・新型HX-PK12はHX-L120と比較して温風到達距離が2倍
・新型HX-PK12はHX-L120と比較して風量30%もアップ

その他にも、新型HX-PK12の方が旧型HX-L120よりも電気代が安い(1時間あたり1円程度/加湿・弱+加湿の時)などの嬉しいメリットもあります。

HX-PK12とHX-L120の詳しい違いは本文中にわかりやすく記載してます。加湿セラミックファンヒーターの購入を検討している方へ参考になれば幸いです。

▼2021年最新モデルHX-PK12(ホワイト)★コンパクトなのにしっかり加湿&心地よい暖かさ

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ホワイト系 HX-PK12-W HXPK12

▼2021年最新モデルHX-PK12(ブラウン)

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ブラウン系 HX-PK12-T HXPK12

▼2020年最新モデルHX-L120★ホワイトのみ!在庫残りわずか。タイミングによっては品切れ中の場合もあります。

シャープ HX-L120-W [アイボリーホワイト]

HX-PK12とHX-L120の違いを比較

冒頭でも記載しましたが、HX-PK12とHX-L120の違いは3つです。

一つずつ、詳しく見ていきますね。

業界トップクラスの加湿量

新型HX-PK12では、コンパクトサイズのまま、加湿量が20%アップしたことにより、業界トップクラスの加湿量650mL/hを実現しています。

加湿しながら暖房をすることで、プラズマクラスターイオンと一緒に、清潔なうるおいと快適な暖かさが届きます。

適用床面積もプレハブ洋室なら18畳、木造和室なら11畳とリビングなどの広い部屋でも使いやすいですね!

温風到達距離が2倍

ファンと風路設計の改良で、旧型HX-L120と比較して新型HX-PK12の方が風量約30%アップ温風到達距離約2倍を実現しています。

シャープ独自のネイチャーテクノロジーを応用し、テントウムシの羽根形状を採用。ハネの枚数を増やしたことで、強くて速い風を生み出し、広範囲に風を送れる風路設計に改良しています。

なみねこ

テントウムシの2種類の羽根からアイディアを得たんだって!

さらにルーバーの可変角度を広げたことで、下向き送風ができるようになっています。

冷えてしまいがちな足元にもしっかりと温風が届くのはうれしいですね♪

HX-PK12の方が節電できる

消費電力は、加湿だけの時と、暖房の弱と加湿のときに、従来モデルよりも新型HX-PK12の方が、1時間あたり約1円程度安くなります

なみねこ

新型HX-PK12の方が、パワーもあって電気代もお得♪

以下、スペックの違いをまとめました。新型HX-PK12の方が、0.2㎏程重いですが、奥行と幅がカットされて高さを出した分、スリムなデザインになっています。タンクの量も0.4L増えています。

新型HX-PK12旧型HX-L120
暖房の適用床面積
(目安)
コンクリート住宅
断熱材なし約4.5畳(6.9m²)まで約4.5畳(6.9m²)まで
断熱材50mm約8畳(12.9m²)まで約8畳(12.9m²)まで
木造住宅
断熱材なし約3畳(4.9m²)まで約3畳(4.9m²)まで
断熱材50mm約6畳(8.6m²)まで約6畳(8.6m²)まで
加湿の適用床面積
(目安)
木造和室11畳(18m²)8.5畳(14m²)
プレハブ洋室18畳(30m²)14畳(23m²)
プラズマクラスター適用床面積(目安)約6畳※1(約10m²)約6畳※1(約10m²)
消費電力※2
(50/60Hz)
1200W/1150W1200W/1150W
強+加湿1200W/1150W1200W/1150W
620W/610W650W/600W
弱+加湿620W/610W650W/600W
加湿570W/560W600W/550W
1時間あたりの電気代※3
(50/60Hz)
約32円/約31円約32円/約31円
強+加湿約32円/約31円約32円/約31円
約17円/約16円約18円/約16円
弱+加湿約17円/約16円約18円/約16円
加湿約15円/約15円約16円/約15円
加湿量
(50/60Hz)
強+加湿650mL/h/630mL/h540mL/h/520mL/h
弱+加湿250mL/h/240mL/h230mL/h/210mL/h
加湿460mL/h/440mL/h410mL/h/390mL/h
運転音
(50/60Hz)
38dB/37dB38dB/37dB
強+加湿39dB/38dB38dB/37dB
33dB/32dB34dB/32dB
弱+加湿34dB/33dB35dB/33dB
加湿34dB/33dB35dB/33dB
連続加湿時間
(50/60Hz)
強+加湿約4.8h/約4.9h約5.0h/約5.2h
弱+加湿約12h/約13h約12h/約13h
加湿約6.7h/約7.0h約6.5h/約6.9h
タイマー入/切(同時設定可能)入タイマー 6/7/8h
切タイマー 1/2h
入タイマー 6/7/8h
切タイマー 1/2h
二重安全転倒OFFスイッチ
切り忘れ防止機能※48時間12時間
タンク容量約3.1L約2.7L
外形寸法(幅×奥行×高さ)420×175×420mm450×180×417mm
質量約5.5kg約5.3kg
電源コード長さ約1.8m約1.8m

▼2021年最新モデルHX-PK12(ホワイト)★コンパクトなのにしっかり加湿&心地よい暖かさ

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ホワイト系 HX-PK12-W HXPK12

▼2021年最新モデルHX-PK12(ブラウン)

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ブラウン系 HX-PK12-T HXPK12

▼2020年最新モデルHX-L120★ホワイトのみ!在庫残りわずか。タイミングによっては品切れ中の場合もあります。

シャープ HX-L120-W [アイボリーホワイト]

HX-PK12とHX-L120に共通する機能

HX-PK12もHX-L120もシャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターでは最上位モデルになります。

HX-PK12とHX-L120に共通する機能としては、

・シャープ独自の空気清浄技術のプラズマクラスター7000が搭載
プラズマクラスター空気清浄コースも搭載
・ポンプアップ給水方式で加湿フィルターを清潔にキープ
・フィルター自動洗浄運転お手入れ楽々

プラズマクラスター7000とは?
プラズマクラスターは自然界に存在するのと同じプラスとマイナスのイオンのことです。
濃度を高めても安全性が確認された、シャープ独自の技術で、プラズマクラスター7000は今のところイオン濃度が最上位のモデルになります。

なみねこ

なんと、1㎝3に7000個のイオン濃度!

プラズマクラスターの効果としては、菌やウイルスに対し、表面の細胞膜のタンパク質を切断して分解・除去。またイヤなニオイ成分 を分解・除去し、気にならないレベルまで消臭。付着ニオイ原因菌の作用も抑制効果が期待できます。

また、プラズマクラスターはイオンでもあるので、静電気を抑え、お肌にツヤを与えてくれるそうです♪

なみねこ

暖めつつ、のどや肌の乾燥防止!

さらに、加湿フィルターが直接水に浸からない、ポンプアップ給水方式で、フィルターに汚れが付きにくく清潔に使用できます。また、加湿運転停止後にフィルター自動洗浄運転を行えば、加湿フィルターへの水あかの付着や加湿トレーの水の濁りを抑え、お手入れの手間も少なくなります

もちろん、抗菌加湿フィルターや抗菌・防カビエアフィルターは丸洗いできます。

それでも水汚れが気になる方は、給水タンクのフタにAg+イオンカートリッジを装着すれば、ぬめりやニオイの原因となる水中の菌も抑制できます。

▼Ag+イオンカートリッジは別売りです。

その他、本体が傾いたり転倒したりしたときに通電を停止する防災対応型二重安全転倒OFFスイッチや、運転開始の8時間後に自動で運転を停止する切り忘れ防止機能チャイルドロックもあり、安全&安心して使うことができます。

▼2021年最新モデルHX-PK12(ホワイト)★コンパクトなのにしっかり加湿&心地よい暖かさ

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ホワイト系 HX-PK12-W HXPK12

▼2021年最新モデルHX-PK12(ブラウン)

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ブラウン系 HX-PK12-T HXPK12

▼2020年最新モデルHX-L120★ホワイトのみ!在庫残りわずか。タイミングによっては品切れ中の場合もあります。

シャープ HX-L120-W [アイボリーホワイト]

シャープHX-L120の低評価の口コミレビュー・デメリット

シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターHX-L120の低評価の口コミやレビュー、デメリットについて、実際に使った方の評価・口コミをまとめました。

・暖房機能はファンヒーターと比べると弱い(6畳くらいの部屋だとちょうどいいくらい)

低評価の口コミを探したのですが、ほぼ見当たらず、評価の高い口コミから少し不満の声があったので紹介しました。

環境や個人差もあると思いますが、暖房機能はファンヒーターと比べると弱いという意見がありました。あと、使用場所によっては、ブレーカーが落ちてしまう場合があるそうです。

リビングで使う分にはいいかもしれませんが、家電が多いキッチン回りで使う場合は難しいかもしれませんね。

シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターをおすすめしない人

・家の中が寒く、ストーブが手放せない
・加湿は必要ない
・キッチンなど家電をたくさん使う場所で一緒に使いたい

もし電力が心配な場合は、キッチンなど足元が寒い場合は床暖やカーペットを使ってもらい、リビングで加湿ヒーターを使ってもらった方がお肌やのどが乾燥しにくく、より暖まりやすいと思います。

HX-L120の高評価の口コミレビュー・メリット

シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターHX-L120の高評価の口コミ・レビューやメリットをまとめました。

・冬になり乾燥が気になっていたので、暖房加湿が一緒になっていて嬉しい。
・直ぐに暖かくしたい時に、灯油などの入れ替えも無く便利
デザイン、コンパクトなのも良い。持ち運びも楽。水の入れ替えも簡単そう。
タンクにお水も入れやすく、大変使いやすい。
・エアコン併用で使用。朝、早く着替えたい時、外出から帰って部屋が暖まる前にスイッチを入れたら直ぐ暖かく、重宝している。
寝起きにのどが渇くため、購入。息子より妻の方が喜んでリビングで使用しています。思ったよりコンパクトで気に入っている。
・急に寒くなったのでペットの為に購入。程良い暖かさとすぐ温風が静かに出る事と、プラズマクラスターの威力は中々。もう一台欲しい。

▶▶楽天で価格と口コミをさらに知りたい方はこちらをクリック!

シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターをおすすめする人

・灯油が重いし危ないので、電気ヒーターを購入したい
・乾燥が気になるので、加湿暖房器具がほしい
・スイッチをいれたらすぐに暖まりたい
・子どもや高齢者がいて、転倒防止やチャイルドロックがついた安心安全なものを使いたい
・寒さに弱いペットがいる
・タンクの水入れや手入れが楽なものが使いたい
・コンパクトで動かしやすく、暖かさも十分あるものを使いたい

旧型モデルの口コミにはなりますが、すぐ暖まる、手入れが楽、お水が入れやすい、コンパクトで動かしやすい、プラズマクラスターのうるおいに満足しているなど、どのサイトを見ても、かなり好感度高いです。

▼2021年最新モデルHX-PK12(ホワイト)★コンパクトなのにしっかり加湿&心地よい暖かさ

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ホワイト系 HX-PK12-W HXPK12

▼2021年最新モデルHX-PK12(ブラウン)

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ブラウン系 HX-PK12-T HXPK12

▼2020年最新モデルHX-L120★ホワイトのみ!在庫残りわずか。タイミングによっては品切れ中の場合もあります。

シャープ HX-L120-W [アイボリーホワイト]

シャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターHX-PK12とHX-L120のまとめ

プラズマクラスター7000搭載の加湿ヒーター、シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーター。

今回の記事では、2021年新作の最上位モデルHX-PK12と2020年最上位モデルのHX-L120の違いや、旧型HX-L120の口コミについて記載しました。

プラズマクラスター7000搭載で、プラズマクラスター空気清浄コースもあり、暖めながら加湿してくれるヒーターになります。

シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターを購入しようかどうか迷っている方のお役立ていただけたら、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

▼2021年最新モデルHX-PK12(ホワイト)★コンパクトなのにしっかり加湿&心地よい暖かさ

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ホワイト系 HX-PK12-W HXPK12

▼2021年最新モデルHX-PK12(ブラウン)

シャープ SHARP 加湿付電気ファンヒーター ブラウン系 HX-PK12-T HXPK12

▼2020年最新モデルHX-L120★ホワイトのみ!在庫残りわずか。タイミングによっては品切れ中の場合もあります。

シャープ HX-L120-W [アイボリーホワイト]

コメント

タイトルとURLをコピーしました