afrieigoyaho378

MCK70XとMCK70Wの違いを比較!ダイキンの口コミ評判はどう?

空調家電

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xが2020年12月1日から販売予定です。

今回の新モデルMCK70Xの型落ちがMCK70Wですが、新しく進化したところが2つあります。

ここではダイキン加湿空気清浄機MCK70Xと旧モデルMCK70Wの違いや、ダイキンの加湿空気清浄機の特徴・口コミを詳しくご紹介します。

新しく加湿空気清浄機を買おうと思っている方へ参考になれば嬉しいです。

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xと旧モデルMCK70Wの違い

新モデルMCK70X(MCK70X-Wホワイト)(MCK70X-Tダークブラウン)と旧モデルMCK70Wの違いは

・加湿フィルターから抗菌加湿フィルターへ進化
・チタンアパタイトフィルターが別売品に追加

など、2つの違いがあります。空気清浄機の機能としては、MCK70Xと旧モデルMCK70Wも変わりません。

ですが、加湿フィルターから抗菌加湿フィルターになることで、さらに清潔に加湿できます。

加湿部分がカビてたら、嫌ですよね(^^;とくに、アレルギー体質の方は、新しい型番の方がおすすめです。

なみねこ

一つずつ、詳しく見ていきますよ~!

加湿フィルターから抗菌加湿フィルターへ進化

業界初!!潜水艦内の細菌増殖を抑制するために開発された抗菌技術を空気清浄機に活用しています。

そのフィルターが「抗菌加湿フィルター」

こちらは、小林製薬株式会社の持続性抗菌剤『KOBA-GUARD(コバガード)』を加湿フィルターに付着したものになります。

■抗菌加湿フィルター
「KOBA-GUARD(コバガード)」を添着した「抗菌加湿フィルター」

■ストリーマ
加湿する水の細菌を抑制し、加湿フィルターを除菌

■銀イオンカートリッジ
水トレイに「銀イオンカートリッジ」

この3つのトリプル対策により、さらに清潔に加湿してくれます!!

チタンアパタイトフィルターが別売品に追加

タンパク質などの有機物を吸着する能力に優れたチタンアパタイトの性質を活用。

菌やウイルスをフィルターに吸着して抑制するので、これから乾燥する時期の感染対策にもおすすめですよ。

表示ランプの明るさが調整できる

旧モデルのMCK70Wは表示ランプ(湿度表示など)が明るすぎるという声も。

新モデルMCK70Xでは、表示ランプの明るさが調整ができるようになっています。

寝室で使用予定で、表示ランプの明るさが気になる方は、ぜひ調整してみてくださいね。

ちなみに、室内の湿度は、30%~70%の範囲で10%刻みでランプ表示されます。

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xの特徴は?

MCK70Xは、ダイキン加湿空気清浄機の中では、『加湿ストリーマ空気清浄機』という品名になっています。

今回の12月の販売では、強力な分解力をもつ「ストリーマ技術」を搭載した空気清浄機5機種を一斉にリニューアルしています。

その中でも、『加湿ストリーマ空気清浄機』はMCK70XとMCK50Xの2種類です。

MCK70Xは、リビングや寝室に向いているモデルとなっています。

コースは、風量自動、節電、花粉、のどはだの4コースがあり、一年中重宝できますよ。うれしいことに、節約コースにすると、ふつうの加湿器単体より光熱費代を節約できるそうです。

空気清浄の適用床面積は約31畳。加湿機能ありの空気清浄機は加湿器分のスペースも省略できて電気代もお得♪対応センサーはニオイ・ホコリ・温度・湿度センサーがついています。

花粉・脱臭・除菌の機能と、PM2.5除去率は99%!!とかなりの高確率で有害物質も除去してくれます。さらに、フィルターは10年交換不要です。

なみねこ

(お掃除はこまめにしましょうね!)

ダイキンといえば、やっぱりストリーマ技術!!

プラズマ放電の一種であるストリーマ放電は、「高速電子」安定して発生させる画期的な空気浄化技術のことです。ストリーマ放電で、空気中の有害物質を酸化分解してくれます。

なので、吸引後、ウイルスや菌などのPM2.5やディーゼル粉塵等などの有害物質をしっかり分解してくれます。

さ・ら・に!!MCK70Xは「ツインストリーマー」を搭載。

ストリーマーだけでも強力なのに、「ツインストリーマー」は

・有害物質の分解力が2倍!!
・脱臭性能が2倍!!
・除菌スピードが2倍!!

と、超強力!!空気清浄機の技術は、やはりダイキンがズバ抜けてます。

前面にセンサーランプがあり、部屋のホコリ・PM2.5・ニオイの強度がランプの色でわかります。

緑→橙→赤(強‼)の順に変化するので、パッと一目で部屋の環境がわかるのもポイントですね。

アクティブプラズマイオン

ダイキンの空気清浄機では、イオンももちろん活用しています。

アクティブプラズマイオンで空中で汚れを捕まえて、内部のストリーマで分解して除去する仕組みになっています。

TAFUフィルター

従来のHEPAフィルターと比較して、TAFUフィルターは、10年使用後の集塵効率が約1.4倍も違います。しかも撥水・撥油効果が高く、今まですり抜けていた汚れもしっかり吸収

フィルターに付いたアレル物質などの汚れを引き寄せ、広がりにくい特徴があります。

つまり、さらに広範囲の空気中の汚れやアレルギーの元となる物質を取り込んでくれて、しかも長持ち。

こちらのフィルターは、『うるるとさらら空気清浄機』『加湿ストリーマ空気清浄機(ハイグレードタイプ)』に限定していたのですが、12月以降は『加湿ストリーマ空気清浄機(スリムタワータイプ)』『ストリーマ空気清浄機(コンパクトタイプ)』にも搭載されています。

ちなみに、今回紹介しているMCK70X『加湿ストリーマ空気清浄機(ハイグレードタイプ)』です。

2020年12月発売の『加湿ストリーマ空気清浄機(スリムタワータイプ)』はMCK50Xという型番になります。

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン

ダイキン加湿空気清浄機MCK70XとMCK50Xの比較

ダイキン加湿空気清浄機MCK70XMCK50Xを比較すると、違いは5つあります。

・空気清浄の適用床面積が広い。MCK50Xは約25畳に対し、MCK70Xは約31畳。
・空気清浄能力が高い。MCK50Xはストリーマーなのに対し、MCK70Xはツインストリーマー。
・きれいサーキュレーターがついている。
・アマゾン・アレクサに対応している。
・スマホ接続で遠隔操作ができる

今年のMCK50も「TAFUフィルター」を搭載しています。

ですが、やはりただの「ストリーマー」と「ツインストリーマー」を比較すると、「ツインストリーマー」の方が圧倒的に空気清浄能力が高いです。

さらに、きれいサーキュレーターで温度を均一に保ってくれます。

エアコンの近くにダイキン加湿空気清浄機MCK70Xを置くと、さらに効果的ですね。

また、スマートスピーカー「アレクサ」に対応しているところや、スマホ接続ができるのは大変便利。こちらは、無料のアプリ「Daikin APP」をダウンロードして使用できます。

★『加湿ストリーマ空気清浄機(スリムタワータイプ)』MCK50Xの詳細はコチラの記事をご覧ください。

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xのサイズ

高さ 600 × 幅 395 × 奥行 287mm、重さは 約12.5㎏。

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xの加湿機能

加湿のタンク容量は3.6L、加湿量は650ml。

加湿適用床面積は、木造和室だと11畳、プレハブ洋室だと18畳です。

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xの色味

色味は白(W)とビターブラウン(T)の2種類あります。

色味は旧モデルのMCK70Wと一緒ですね。

ACK70とMCK70は同じ商品

ACKはダイキンの店舗で販売している商品。

MCKは、家電量販店で販売している商品。

ですので、型番は違いますが、ACK70WとMCK70Wは同じ商品です。

なみねこ

ややこし~!

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Wの悪い口コミorデメリット

ダイキン加湿空気清浄機・旧モデルのMCK70Wの口コミでは、

・ディスプレイのデザインやタンクのデザインが他社と比べて古い。
・本体のデザインがイマイチ。

価格コムより引用

あとは、別途購入したキャスターが左右にしか動かないので、不便という声もありました。

小さなお子さんや、高齢の方がいる場合は、キャスターなしで、置台の方が安全かと思います。

>>楽天でさらに口コミと価格をチェック

>>Amazonでさらに口コミと価格をチェック

ダイキン加湿空気清浄機MCK70X・MCK70Wをおすすめしない人

・ディスプレイの押しやすさ重視の方
・水タンクの取り外し重視の方

ダイキン加湿空気清浄機は旧型も新型も、高い位置に水タンクが設置してあるので、取り外しが便利という意見もあります。

給水口も幅広で、給水もしやすいですが、どの加湿器も水漏れには要注意ですね。

ただ、使い勝手は人それぞれです。毎日使うものなので、一度家電量販店などで、他社の商品と比べてみることをおすすめします。

値段が気になる方は、新モデルよりも、12月以降に型落ちするMCK70Wなどの旧モデルがお買い得です。

型落ち品(旧モデル)は安い代わりに、製造から年数が経ていることと、生産が終了することもありますので、購入を考えている方はお早めに在庫をチェックしてくださいね!

ちなみに、2019年の同じシリーズMCK70Vはすでに在庫はないそうです。

▼旧モデルMCK70W

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Wの良い口コミorメリット

ダイキン加湿空気清浄機・旧モデルのMCK70Wの口コミでは、

・寒暖差アレルギーの症状がよくなった。
・ペット臭が消えた!エアーコントロール世界シェアNo.1のダイキンの技術力に脱帽。
・鼻水、眼の痒み、耳の痛み等のアレルギー症状が感じなくなった。
・花粉症や動物アレルギー、ハウスダストによるアレルギー症状が「ピタッ」と止まった。
・P.M2.5等の有害物質を「キャッチ」し「分解」するだけでなく「除去」できるのはダイキンだけ
・キッチンのカビやウイルスが気になる。梅雨時期にも使えそう。

という意見がありました。※価格コムより引用

>>楽天でさらに口コミと価格をチェック

>>Amazonでさらに口コミと価格をチェック

ダイキン加湿空気清浄機MCK70X・MCK70Wをおすすめする人

ハウスダスト・ほこり・菌・花粉除去の効果を期待している人におすすめです。

花粉やニオイ、PM2.5や湿度もランプで表示もされるので、目で見えない室内環境を数値で確認できるのは、うれしいですね♪

・風邪をひきやすい方
・花粉症・ハウスダストなどのアレルギーが気になる方
・PM2.5などの有害物質を除去したい方
・ペットを飼っている方
・本体デザインや給水タンクのデザインよりも、空気清浄の性能重視の方

アレクサやスマフォで遠隔操作ができるので、ペットを飼っている方や、小さなお子さんがいて手が離せない方に大変便利!

講師のお仕事をされている方や、のどを痛めやすい方の乾燥対策としてもおすすめです。

中には、空気清浄機能の性能にほれ込んで、すべてダイキンにする方も。

空気清浄機の機能評価が高いのは、さすが、エアーコントロール世界シェアNo.1ダイキン!!ですね。

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン
▼旧モデルMCK70W

ダイキン加湿空気清浄機MCK70Xと比較した商品

コチラの商品も、ナノイー搭載の加湿空気清浄機として人気の商品です。

パナソニック加湿空気清浄機の中で一番高品質のモデルになります。

お手入れ楽々♪デザイン重視の方におすすめ。

パナソニック加湿空気清浄機「F-VXT90」(色は白と木目調です)

パナソニック Panasonic 加湿空気清浄機 木目調 F-VXT90-TM [適用畳数:40畳 /最大適用畳数(加湿):24畳 /PM2.5対応]

★詳しくはコチラの記事をご覧ください。

ダイキン加湿空気清浄機MCK70X・MCK70Wのまとめ

人気商品、ダイキン加湿空気清浄機「MCK70X」「MCK70W

今回の記事では、2020年12月発売予定の新モデルMCK70Xと昨年モデルのMCK70Wの違いと特徴、口コミについて記載しました。

新モデルMCK70Xと昨年モデルのMCK70Wを比較すると

・加湿フィルターから抗菌加湿フィルターへ進化
・チタンアパタイトフィルターが別売品に追加

など2つの違いがあります。

どちらかというと、本体デザインや給水タンクのデザインよりも、空気清浄の性能重視の方におすすめです。ちなみに、ダイキンの中では、「MCK70X」は性能と価格を比較したときに、一番コスパがいい空気清浄機といえます。

乾燥や花粉・アレルギー・ニオイだけでなく、カビ、細菌、ウイルス・PM2.5などの有害物質除去にお悩みのある方には、とても評価の高い商品です。

ダイキンの加湿空気清浄機を購入しようかどうか迷っている方のお役立ていただけたら、幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼新型MCK70X ホワイト

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 ホワイト MCK70X-W
▼新型MCK70X ビターブラウン
▼旧モデルMCK70W

コメント

タイトルとURLをコピーしました